*玉田圭司選手&柏*Fight(BLUE×YELLOW)
サッカー大好き女子高生のサッカー観戦記などなど(^^*) 頑張れ!玉田選手!柏レイソル!日本代表! 基本的に毎週土曜or日曜更新
プロフィール

Rey*

Author:Rey*
サッカーきままに語ってます♪
玉田選手をこよなく愛し、
柏レイソルを地道に応援している、
女子高生のブログです☆

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お久しぶりでございます
20061226002301
伊藤翔、グルノーブル入団決定ですか…
どうなんでしょう?フランスっていっても2部だし…
まぁやってみなきゃわからないってことで、期待してます。

でででで!!!
レイソルの季忠成選手が日本国籍取得を検討してるらしいです。
いやぁ、
カモーン
って感じ(笑)
こっちもどうなるか今後の動きがきになります。

最近、生活のリズムが狂いまくって大変です。
ちなみにサンタさん、今年はばっちり希望通りのプレゼント持ってきてくれましたvvv
スタバのタンブラー(笑)
スポンサーサイト
GET SPORTS
放送しない地域があるというので、文字おこしに挑戦!

で断念…

途中までです。中途半端でごめんなさい↓
ちなみにもちろん完璧ではないです。言い回しとか、いろいろ違うところもあるかと思いますが、悪しからず。
雰囲気だけでもってことで。


***

ナ「あの日、ヤマトタケルがそこにいた」
(ブラジル戦映像)
ナ「二点差以上の勝利が求められたブラジル戦」
ナ「敗れはしたものの、男が世界にみせたあがき」

玉「W杯っていったらブラジル戦になっちゃう。点もとれたし、得点以外にもある程度のことが出来た。自信になったし、世界でも通用するんだなって思いました。」
(前々回の特集映像:玉「2005年が自分のなかで最悪の年だと思ってる。サッカーというのは自分にとって楽しいものだったんですけど、そこが欠けていたのかな。」)
Q「2006年はいい年になった?」
玉「全くなっていないですね(笑)なんていうんだろう…難しいですね。」
ナ「今年の玉田圭司になにがったのだろう」
玉「(代表での3年は)あっという間だったというのが正直な感想なんですけど…たくさん試合にだしてもらえたのはよかったです。」
玉「(代表発表前、W杯という夢について)夢は夢であるんですけど、それは今現実的なもので、出てみたいという気持ちしかないですね。」
玉「(自分のゴールの数々をみせられて)最近とってないなぁって感じです(笑)」
(GETSPORTS映像:玉「(ジーコについて)すごいぼくのことをみてくれているというのは感じるし、期待も感じるけど応えられてない。できればW杯という大きな舞台で恩返ししたいです。」)
玉「(代表発表後、不安について)不安っていうか…最後に名前聞くまでわからないじゃないですか(笑)名前呼ばれたときは嬉しかったです。まぁ全てはうまくいかないってことですね。」
玉「俺がいうのも難だけど、やっぱり芯を持つこと。自分というものをもつことはすごい大事だと思う。」
玉「(オーストラリア戦)W杯っていう雰囲気はまぁ多少感じましたけど、ピッチにいられなかったのであんまり感じなかったです。」
「(クロアチア戦)0-0の状況だったので自分がでてリズムを変えようと思いました。
もう必死でした。
緊張は、まぁ多少はあったんですけど…もうちょっとやれたらなって思いました。」
テロップ「指揮官の決断」
玉「当日のホテルで…昼くらいですかね。
分かってなかったですけど、なんとなく予感はしていました。」
ナ「スタメンに玉田圭司が名を連ねた」
玉「(指揮官からうけた指示)ブラジルにも《穴》があるからっていわれて…そこをついていけっていわれました。」
Q「穴とは」
玉「(ブラジル戦映像みながら)サイドバックがあがったらそこに穴がある。センターバックも結構攻撃参加するからそこにも穴があると思いました。」
玉「まぁこの時に限っては相手がブラジルだったし、開き直りっていうか、ミスして当たり前って感じでやりました。それがよかったと思う。」

三都主VTR「タマがボールをだすまえにもう動き始めていて、僕は出すタイミングはあそこしかなかったと思います。」
玉「まぁアレとは代表入ってから長くやっているので、いつくるかっていうのはわかってきてました。」
玉「あの角度は多いですね。左のほうがうけやすいのかも。」
三都主VTR「他の選手なら右に流れたかもしれないけど…同じ左利きなのでわかります。」

玉「(ゴールについて)まぁ完璧にあそこを狙ったってわけじゃないですけど、パンチしないってイメージがジーダにあって…どんなすごいシュートも抱えちゃう。なんとなく上狙えばなぁって考えていました。」

テロップ「After days DORTMUND」
ナ「玉田は意外な言葉を口にした。」
玉「(クラブハウスのまえで)あのゴールで逆に自分を見つめ直さなきゃいけないとおもいました。」

ここまでです。印象に残っているコメントをここからは。

玉「…悪くいうと天狗になっている。なっていないかもしれないけど、周りにそう思われていたらそれでダメだから。」

ナ「納得いかないことがあるという」
玉「想像できなかった順位にいて。(14位前後のとき)こんな順位でやるために移籍したわけじゃないので。」

玉「まずはチームのひとつとして勝利に貢献したい」
玉「(代表でも)一戦目二戦目で活躍できたならチームに貢献したっていえるけど、あの絶望的な状況で…」

Q「オシムジャパン」
玉「悔しいです。」
玉「(最近の代表戦は)全部みてるわけじゃないですけど、普通にサッカー観てる感じです。そのほうが楽っちゃ楽だけど。」
玉「(召集がないことについて)呼ばれなかったから、また目指すところがみつかってよかった部分もあると思います。」
玉「代表のためにってわけじゃないけど、まずクラブで結果をだせば上はあると思います。」

Q「今年はどんな年だったか」
玉「波瀾万丈って感じですね(笑)」
玉「そのほうが面白いでしょ、人生は。」

玉「誰とも違う選手になりたいですね。みんなにもそう思われたい。」
玉「…スタジアムはまだ空席がある。グランパスには玉田がいるからってみにきてほしい。」

玉「ブラジル戦が自分のなかで一番ってわけじゃないので。いいプレーだったとは思うけど…まだまだ自分はできると思う。」



***

多分、すごく苦しんだんじゃないかなぁ、と思いました。
ドイツの後は、思うようにいかない日々の連続でしたし。
それはサポーターにとってもですが。
でも、すごく穏やかにみえたのはなぜなんでしょう。


あのゴールが決まったとき、何かが変わる、そう思いました。
でも、結局何も変わらなかった。
いや、変わらないようにみえた。

変化は、玉田選手の内側にあったのかもしれません。

捻挫した足の状態も想像以上に悪かったようで。
結局ずいぶん長期離脱になりましたよね。
今季の出場試合数は昨季より2試合少ない26試合。
ちなみにゴール数は、昨季と同数の6ゴール。
ただし、今季のゴールのほとんどはセットプレー、それもPKでのものです。
それでも、勝利に貢献できればいい、という玉田選手。
なんとなく歯痒い思いです。

玉田選手らしいプレーがゴールに、勝利に繋がればいいのですが。

ただ一ついっておくと、私は玉田選手のプレーが好きです。
自由に楽しげにサッカーに没頭している瞬間の姿が好きです。
あのドリブル、あの抜け出し、全ての“玉田”のリズム。
そのリズムが好きです。

玉田選手がボールを持つとわくわくしませんか?
私はするんです。
玉田選手は、しかける、勝負する。

何か、おきるんじゃないか。

一対一から、フェイント、ドリブルに至までの一瞬。
DFと対峙した瞬間の間の緊張感。

次の瞬間にはDFはおいていかれていて、ファウルでしかとめられない状況。
さらにスピードにのらせたら、ファウルでだって止めてる暇はないドリブル。

こういうシーンをみる度に、やっぱり玉田だなぁって思うんです。

確かにドリブラーが好きです。でも、ドリブルが特徴ってだけなら他にもいる。
確かに玉田選手はかっこいいです。でも顔やアイドル性だけなら他にもいる。

なんで玉田選手だったのかっていったら、まさにその“間”であり、つまりは
“玉田のサッカー”
に惚れたってことなんでしょうか。

彼は、私に“サッカー”を与えてくれた人ですから。
この出会いは、確実に私の人生を変えたんです。

その彼が、まだ進化を続けるというなら、
ここにきて、さらに上を目指していくというなら、
私にも、やるべきことがあるはず、
そう思いました。
スパサカ
ちらりとでてましたね。

相変わらずひげが濃いww

ジダンの頭突きについて、喜々として語る玉田選手かわゆす(*´∇`)vvv
なんであんな楽しそうなんだっっ…

本当にサッカーが好きなんですね。

私も大好きです(*´∇`)

クラブワールドカップ、岩本選手のゴールがみられなくて残念でした。
彼、オークランドシティのなかでみると

天才か

って思うんですけどね(笑)技術の話。

プジョルが日本にいると思うとどきどきします。
きたっ
12月17日深夜(18日未明)のGET SPORTSは玉田選手の特集

きた(泣)やっと…

公式チェック☆↓
http://www.tv-asahi.co.jp/getsports/

携帯↓
http://mobgw.tv-asahi.co.jp/gw3/http/www.tv-asahi.co.jp/getsports/v/;jsessionid=aKt8OBKIOdva


そういえばGET SPORTSのHPでG-AWARDの投票やってるのですが、
得票数の多かった特集が再放送されるようなので、
みなさま、GET SPORTSのHPに足をはこんださいにはぜひ、
今年の春放送された玉田選手の特集に投票しましょうね!!!!!
おめでとうございます!
やりましたね神戸!

アツの涙にはぐっときました。

てか神戸のDFに神おりてましたね。
神クリアきたっ!!!!
てかんじ(笑)

とにかくおめでとうございます!
入れ替え戦
今日だったんですねΣ(。。;)

引き分け…でもオフサイドになってしまったとはいえ、
攻めていたのは神戸ですから!

多くのレイソルサポがそうみたいですが、私も神戸応援してます。

やっぱり同じように苦しんできたチームってことで。

というわけで、次はアウェーですが、
キャプテンも戻ってきます!!!

頑張れ!!神戸!!!!
石さん
続投決定♪♪♪

いやぁ、来年もよろしくお願いしますm(__)m

てことはセットで岡山選手も完全移籍!?
家買っちゃう?犬飼っちゃう?

スパサカ見てたら泣けてきました。

感動の名場面の数々…
岡山選手の涙
サポの岡山選手への言葉
雄太がサポにだきしついてるとこ
歓喜のビールかけ
笑顔のレイソル戦士達

(鈴木)達也の変顔
(谷澤)達也の(微妙な)モノマネ

酒 樽 に は ま る レ イ く ん



やっぱりついていきます。
柏レイソル
キタ――――――――――――


柏レイソルJ1復帰

長かった…長かったよこの1年(涙)

よく頑張った。

去年のあの屈辱を忘れずに、J1で頑張れ!!!

そして、レッズのように、どん底から這い上がれ!!!
流れ的には

まさかのJ2落ち

1年でJ1復帰(2位で)

常勝チームになる

強豪入り、向かうところほぼ敵なし、
ホームに強い、サポが激しい

J1リーグ制覇

これを5年で。
レッズは復帰7年目かな?ちょっと不確か(汗)

***

しかし、本当に劇的でした。
2節終了時から首位を独走。
正直このままいくかと思ったら、
第3クールで息切れ…

カウンターやセットプレーといった弱点に
最後まで泣かされました。

先制しても勝てない悪循環。
調子をあげる、横浜FC、神戸。

大事な所で勝ちきれない状況。

そして、前節の敗戦。

3年連続入れ替え戦の悪夢も覚悟しました。

そして迎えた最終節。

自動昇格の条件はレイソルが勝ち、尚且つ神戸が負けor引き分け

非常に非常に厳しい状況。

でも、サポは下を向きませんでした。
彼らは、札幌戦の後、ピッチに倒れこみ、下を向く選手達に叫びました。

「まだ一試合あるんだぞ」

「頑張れ!頑張れ!」

「平塚までいくから!」

「顔をあげろ」

顔をあげなければ。
前を向かなければ。

挨拶にまわってきた選手達に掲げられた
”一心同体”
のパネル。

サポは選手達を信じていました。どこまでも信じていました。

「奇跡には理由がある」

神戸には悪いですが、今日は完全にレイソルにツキがありました。

前半は攻め込まれ、何度も神雄太と神クロスバーのお世話に。
しかし、神フランサと石川直「樹」がキレキレで波をつくる。
で、
先制→フランサ 2点目→石川

今なら言える

石川直□の□を埋めなさい

「樹」しかない。

とりあえずみんな愛してます。仙台もついでにかなり愛してます。
来年は仙台地味に応援します。

去年の降格もある意味劇的だったけど、
今年の昇格はだいぶ劇的だった(笑)

だからわざわざ前節(ry

演出乙

フランサの覚醒具合がwww
去年彼が出てきた時は、フロントどうした、と思いましたけど。
補強になってねーよ、と。
実験失敗ですか的な髪だし、足遅いし…とにかく使えない印象。
で、今年も残るって言い出した時はドイツへ帰れと思ったわけですが。

今なら言える

私が全面的に間違っていた

残るって、いってくれてありがとうフランサ様。
残してくれて、ありがとうフロント。

とりあえずみんな愛してます。

こんな幸せな年末でいいんですか(笑)

柏レイソル3-0湘南ベルマーレ

文句無し。文句なさすぎ。
感動の最終節をありがとう。

***

レイソルは1年で本当に変わったと思う。

まず、サポを大事にするチームになった。
去年降格が決まった時は、選手、フロント、サポ、
みんなばらばら。
観ていても、応援していても、全然楽しいチームじゃなかった。
それはもちろん残留争いしてたからってのもあるけど、
なんというか、雰囲気も良くなかったし。
サポにも、活気というより殺気を感じたし(笑)
それは、残留争いする前から。

でも、今年は違った。
フロントは積極的にサポの声に耳を傾けたし、
ホームを特別なものにしようと、1年間いろいろな企画を考えてた。
HPも面白くなったし。特にフォトギャラリーww
選手も、何よりサポのためにって精神をすごく感じた。
去年はあんまりそういう空気感じなかった。残念ながら…
今年は、岡山を筆頭に、一試合一試合盛り上げてくれて、
本当に楽しかった。
そしてサポの熱気。サポの応援がなによりすごかったし、一番だった。
岡山の
「勝ち点30点分はサポのおかげ」
っていうのはすごくわかる。
応援=サポート
になってた。選手のための応援だった。
それは、実際日立台に行って、改めて感じました。

とにかくとにかく本当に素敵なチームです柏は

そもそも柏を応援していた理由は玉田のいるチームだったから。
それが、J2に降格して、玉田は移籍濃厚で、
他にも主力選手はこぞって移籍して…

まるで一昨年とは違うチームになってしまった新生柏レイソルを
これから応援し続けようかどうしようか、正直悩みました。

J1には魅力的なチームがたくさんありました。
父はレッズの大ファンだし、地元チームはFC東京だし、玉田は名古屋だし…
他にも面白いチームはたくさんありました。
Jリーグを観始めて1年、そろそろ固定して応援していくチームを決めたい…

別に、レイソルである必要は全然なかったんです。
大体、柏遠いし。しかも降格。知ってる選手は大体移籍。
レッズや東京みたいな盛り上がりもない。

でも私はレイソルを選びました。

だって理由がなんであれ、
一年間応援していたチーム。
降格に泣いたチーム。
誰より何より一番好きな玉田選手が大事にしていたチーム。

当時はそんな感じでレイソル応援していました。

でも、次第に玉田云々関係なしにレイソルにはまり…

今、私の胸には
「HITACHI」
の文字(爆)

背番号はありません。

「誰か」ではなく、「柏」が好きなんです。

これからさき、どんなに選手が入れ替わろうと、
私はずっとレイソルを応援していきます。

レイソルばんざい!!!!!!

1年前
「降格したことにも意味があった、といえればいい」
みたいなことを、このブログで言った気がするのですが、
本当に意義あるJ2での1年でした。
応援したくなるチームになった。


もう2度と、J2に戻ってくることのないように…
いつまでも、サポを大事にする、サポに近いチームであってほしい…



とにかく、J1復帰、おめでとう、そして、ありがとう、柏レイソル。
これからも、頑張れ!!




レイソルっっ
20061202142904
頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼む頼(ry

南神!!!!!

てか岡山外しはわかる気もするけど近藤…?


まぁなんでもいいので勝って下さい。満点湘南におしこまれてるらしいけど…
前半たえろ!!!!レイソルは後半に強い!(はず

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。