*玉田圭司選手&柏*Fight(BLUE×YELLOW)
サッカー大好き女子高生のサッカー観戦記などなど(^^*) 頑張れ!玉田選手!柏レイソル!日本代表! 基本的に毎週土曜or日曜更新
プロフィール

Rey*

Author:Rey*
サッカーきままに語ってます♪
玉田選手をこよなく愛し、
柏レイソルを地道に応援している、
女子高生のブログです☆

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やべっち
満男がこんなにナイスなキャラだとは思っていませんでした…

やられたっ

完敗…

なめてましたごめんなさい(爆)

…てか高校生みたいですよね、風貌も声も態度(というか緊張した感じ)も(笑)

最初は緊張気味に質問にこたえていた小笠原選手。

真面目な印象…

がΣ(゜Д゜)

最終予選、アウェイバーレーン戦の自分のゴールに対して

「"巧"ですね」

といってみたり(笑)

そして代表合宿の名物、アレについて聞かれるとエンジン入った!?

堀池「やっぱりプレースタイルってでるの?」
満男「プレースタイル…というか性格がでますね。」
堀池「小笠原選手は?」
満男「僕は慎重派ですね。それでいくとこいきます(笑)」
(プレゼントされた新製品の箱をさして)
満男「コイツは乱打ですよ、乱打(笑)とにかくうっちゃえみたいな(笑)」

らっ乱打!?

「UNO」で乱打ってどういう状況なんだろう…

そう、アレね(笑)

「UNO」

です。
最初に始めたのは多分小笠原選手なんじゃないかなって思うのですが、
なぜか大黒選手が
「UNO親善大使」
に任命され、箱にもしっかりプリントされています(笑)

この対談ですが、もちろんプレーに関しての話がほとんどでしたよ(笑)

トルシエ時代も、ジーコにかわってからも、
タレント揃いのポジションで
小笠原選手は常に控えメンバーでした。

日韓W杯は、出場時間が10分にも満たなく、本人にとっては
「悔しい大会」
だったそうです。

何週間も合宿をしてきたのに、3日前に合流した選手が試合にでている状況。

「悔しい。みんないわないけど、絶対、誰もが悔しいんです。」

「その(試合直前に合流しスタメンをとる)選手たちがどう、とかじゃなくて、ただ自分が不甲斐ないんです。」

そう言い切る小笠原選手。
そんな厳しい状況でも、決して腐ることなく、ひたむきに練習を続けた小笠原選手。

「(紅白戦は)俺たち(控え組)が勝ってやろうって気持ちでいきます。」

「(悔しい気持ちは)ピッチ上でぶつけるしかない」

「日韓で学んだことは、出られてナンボってことです。」

対談中、しきりに
「頑張る」
という言葉をくりかえしていた小笠原選手。

そして、その「頑張り」は遂に報われるのです。

バーレーン戦直前の練習中にスタメン予定だった小野選手が骨折、
急遽、小笠原選手がスタメンで出場することに。

その試合で、小笠原選手は日本にW杯出場を大きく手繰りよせた、
値千金の先制ゴールを決めるのです。

そのゴールは、小笠原選手の理想のゴール。

「一人でぱっぱっととるゴールより、みんなでとったようなゴールが好き」

「ボールも人もよく動いていて、理想のゴールだった。」

この試合後、小笠原選手は

「伸二のためっていうのもあったし、一緒に練習してて出られなかった選手のためにも、出てる選手が頑張らなきゃいけないと思いました。」

とコメント。

控えに甘んじる時間が長かったからこそ分かる、控え選手の気持ち。

黄色いビブスを身にまとう「先発組」との紅白戦、
「悔しい」

という気持ちが小笠原選手をつき動かし、

彼の必死の「頑張り」につながったのでしょうか。

当たり負けしない強さはこの真剣勝負の紅白戦で培われたとか。

先発組に控え組が勝つくらいのチームが一番強いときのチーム

ともいわれます。

この小笠原選手の「頑張り」はきっと、他の控え選手にも伝わっていたと思うし、
また、彼がいうように

誰しも同じ気持ち

なんでしょう。

控えがいて先発組が成り立つ。

そして、小笠原選手は今、黄色いビブスを身にまとう側の選手です。

怪我から復帰した小野選手を控えに追いやり、
東欧遠征ではスタメン出場を果たしました。

小笠原選手は今や代表に決して欠かすことのできない選手です。

苦しい時代を乗り越えて、今を輝く小笠原選手に

"巧"

ですね(笑)

ドイツでは、控えも先発も思いを一つに、23人一丸となって戦って欲しい。

23人の思いが一つになったときが、
サポと選手が一つになるときでもあると思います。

運命の23人発表まで一週間。

選ばれし青き23の侍が、ドイツの地で最高のパフォーマンスをみせてくれること、望みます。



くさい?(笑)

あっ、すみません(笑)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://loveblue.blog33.fc2.com/tb.php/198-589f425b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。