*玉田圭司選手&柏*Fight(BLUE×YELLOW)
サッカー大好き女子高生のサッカー観戦記などなど(^^*) 頑張れ!玉田選手!柏レイソル!日本代表! 基本的に毎週土曜or日曜更新
プロフィール

Rey*

Author:Rey*
サッカーきままに語ってます♪
玉田選手をこよなく愛し、
柏レイソルを地道に応援している、
女子高生のブログです☆

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サポーター
この前、馳星周がどうたらこうたらっていうサッカー番組がありました。
スペイン、FCバルセロナのサポーターを見て、
その精神を日本サッカー界にも!みたいな主旨だったかな・・・

それにしても、バルサのサポーターのチーム愛には本当に驚かされました。
衝撃ですね、まさに。

世界最強リーグといわれる、リーガエスパニョ-ラ。
その中でも、各国の一流選手が集う名門クラブ、バルセロナ。

一試合10万人もの観客がはいるっていう時点で口があんぐりですが、
とにかくサポーターが熱いのです。
世界に名を轟かせるクラブのサポーターは、やっぱり違いますね。

何がすごいって、サポーターがチームを運営してるってとこです。
クラブの会長が、日本でいう後援会の中から投票で選ばれるのです。
そして、クラブの「色」を大切に大切に守っていくのです。
だから、バルサのサッカーはこうなんだ!っていう明確な方向性が
あるんですね。

Jリーグでは、プレースタイルが確立されているチームというのは
ほとんどないと思います。監督が変わると、チームの「色」は、
すっかり変わってしまいます。
今だったら、ジェフ千葉が「走るサッカー」と形容されるチームの
プレースタイルを確立してるように見えます。が、これも、
監督がオシムさんから変わったら、変わってしまうでしょう。

番組中の対談でもいわれていましたが、それは、サポーター側に
「こういうサッカーがみたいんだ」
という明確な意思表示がないというのもひとつの要因だと思います。

このへぼブログによくTBしてくださる(本当にありがとうございます)
ブログ「レイソルサポ日記」では、クラブとサポーターの間の
意思疎通について、すでに動かれていますが、そういう、
クラブとサポのコミュニケーション、というのは、非常に大切だと
思います。

私はサッカーを自分ですることはありません。
私の中で、サッカーはエンターテイメントであり、日々の生活に
潤いを与えてくれる存在です。
要は、面白くなきゃ意味がないのです(笑)
選手には、サッカーを魅せてほしいのです。

今、Jリーグに贔屓のチームができる一番の要素は選手のスター性
だと思います。実際、私もそうです。
もちろんそれはいいことだと思います。
でも、それだけではなく、贔屓のチームができる要因の一つに、
そのチームの「色」が加算されれば、Jリーグはもっともっと
面白くなると思います。

それには、サポーターが「こういうサッカーがみたいんだ」
という明確な意思表示をすることが必要不可欠です。
が、サポーター同士のコミュニケーションや連係がもっともっと
強くならないと、意思表示はおろか、そういう方向性すら
見出すことはできません。

もっともそうなるには、まずはサッカー観戦人口を増やすこと、
そして、もっともっと生観戦が身近になることが必要だと思います。
Jリーグが、野球以上に世間に浸透しないと、難しいですね。
日本では、サッカー(というよりJリーグ)が人々の生活の中にあまり
浸透していないので・・・・。地上波での中継がほとんどないってのも
問題だと思いますね。

100年構想っていうのがありますけど、なんだかいまいち
よくわからないです。サッカーをもっと日本に浸透させたいなら
もう少し大々的に広告をうってもよさそうな気がしますが。

クラブも、リーグが始まるときにあの抽象的なスローガンに
加えて、具体的なプレースタイルの方向性ってのを
うちだしたりってのはどうでしょう。
例えば、「どんなボールにもあきらめず喰らい付いて最後まで攻めて行く」
とか「スピード感のあるパスまわしで攻めて行く」とか
「ファールのないプレー」とか・・・・
そういう形で少しずつ、少しずつ各々のチーム色を確立していってほしいな
と思います。

そして、その際はやはり、今のサポーターがそのチームに
抱いているイメージも、大切にしていって欲しいと思うのです。

難しいことです。理想です。
でも、Amazing.Jなんですから(笑)
頑張って欲しいと思います。そして頑張ります(笑)

あぁ、長々とすみません↓
そして読んでくださってありがとうございます。
この記事への感想や、その番組みたよって人の番組への感想など、
よかったら、コメントしていっていただけるとうれしいです。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://loveblue.blog33.fc2.com/tb.php/21-cbce5e45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。