*玉田圭司選手&柏*Fight(BLUE×YELLOW)
サッカー大好き女子高生のサッカー観戦記などなど(^^*) 頑張れ!玉田選手!柏レイソル!日本代表! 基本的に毎週土曜or日曜更新
プロフィール

Rey*

Author:Rey*
サッカーきままに語ってます♪
玉田選手をこよなく愛し、
柏レイソルを地道に応援している、
女子高生のブログです☆

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時差が…
一応復活

時事ネタいきますと(笑)
大久保がC大阪復帰決定!!
救世主になれるんでしょうか!?
Jリーグ、盛り上がりそうで私的にちょっと楽しみです。
オールスターは…でてこないよね!?

日本はクロアチア戦、4-4-2、
2トップは変わらず、トップ下に俊輔、満男、右SBに加地復帰のようです。



俊輔は足を痛めており、最悪の場合、

玉田

が左のトップ下にはいるそうでΣ(゜Д゜)
今日の練習では先発組としてそこでプレーしたそうです。
左WBは昔一度コンバートされてやってたらしいけど…
どうなるんですかね!?

…まぁ多分俊輔が普通に戻ってくるんだろうな

で、今更なんだよって話をしてみる日本vsオーストラリア…

まぁ結果が全てですよね。

私的に敗因はジーコ監督の采配ミスだと思いますが…

あの時間帯に小野って…なんちゅー中途半端な…

ピッチリポート「交代選手…小野選手が準備しています」
私&父「小野????」

みたいな。

2トップ、全体的にみればいい動きしてましたけど、
FWってポジションに特化していえば

シュートうたなさすぎ

っていう…
特にへナギ。へナギっぷりを発揮してくださって(汗)
スシボンバーも、ボンバーっつーかアルミニウムアレルギー。

まぁ、前線からの守備ってところは良かったと思いますが。

とりあえず、後半39分までは勝ってたわけです。

両チーム疲れもあり、特にDFはかなりきつかったはず。

でもそこまでは守り切れていた。

フレッシュなオーストラリアの交代選手にもちゃんと対応していた。

やっぱり敗因の一つは後半34分の交代劇って気がしました。

別に小野がどうこうってわけじゃなく、小野じゃないだろって話。

まがりなりにも1点リードしている状況。
残り時間はロスタイム含めたって10分ないです。
守りに入るっていう選択は妥当だと思います。
が、DFの疲労を考えれば1点のリードなんか確実ではない。
相手FWは元気でしたからね。
正直もう一点欲しい時間帯でもある。

どっちをとるにしても、
守りに入って、チャンスがあれば一点とりにいく
のか
攻撃は最大の守備、まだまだ攻めの手は緩めない
のか、はっきりとした方向性が必要だったはず。
実際それまでは、どっちかっていうと後者の流れ
選手の共通理解があったように思えました。

守りに入ることなく、追加点を狙いつつ、リスクはおかさない。
ヒデをはじめ、きるとこはきる、はっきりしたプレーをしていたように思います。

ただ、後半25分くらいから全体的に疲れがみえていましたね。

でも、日本よりオーストラリアの方が顕著だった気がします。

そろそろ玉田若しくは大黒投入だな、と思ったのですが
ベンチに動きなし。ここらへん、歯痒かったですね。

坪井の負傷退場で予期せぬカードを切らざるを得なくなったのは
災難でしたが、あの場面でフレッシュなFWを入れることは
非常に効果的だったと思います。
交代がFWであれば、
守りに入らず追加点を狙っていくんだな
という理解を、改めて選手が確認でき、方向性も統一されます。
暑さや疲れで集中力が切れそうな時こそ、
はっきりした方向性が必要になります。

怪我あけの柳沢にかえて
1点リードのこの時間帯ですから、
スピードがあり、足下にボールを収められる選手
ということで、やはり玉田か大黒が最適でしょう。

玉田はスピードとドリブルが持ち味、疲れた相手DFにとって
これほどの脅威はないはずですし
前線でのキープ力もある。ファウルをうまく誘えれば、
時間も使えてチャンスも作れます。

大黒はしつこいチェイシングが持ち味、
プレッシャーをかけてボールを出させない、
前線からの守備でも貢献してくれそうですし
なによりシュートで終わることによって
後ろの選手が一息つけることがいい。

どちらか一人の投入でも、流れは変わっていたと思います。

相手DFの動きをみれば、
玉田のドリブルで簡単に抜けただろうし、
大黒も簡単に裏を狙えたはず。
最悪追加点は奪えなくても、ラインを下げさせることで
相手の攻撃にうつりにくくさせることができた。

っていうか、持ち味のプレーがこんな最高に活きそうな場面で
玉田選手を使わないんだったら、
なんのために連れてったんじゃいっっ

と叫びたくなりました…

反対に、守備的な選手が投入されれば、
選手たちは、守りに入るんだな、と理解することができる。
1点守り抜くつもりでチャンスを見計らってカウンター
という意思統一があれば、中盤も守備に集中できます。

もっとも選手たちは守りに入る気はなかったようですが…

まぁ守備的にいくとするなら

稲本、中田浩、遠藤辺りのボランチを投入して、
中盤で攻撃の芽を摘んでDFラインにあまり負担を
かけないようにするのが良かったのでは。
システムは3-6-1で、ヒデをトップ下、
小野が入ったところに上記3人の誰か、という形
若しくは一気に残り2枚カードを切って、
前線の数を変えずにボランチを増やし
4-4-2の4バック、俊輔の1トップ下という形もありだったかな、と。

フレッシュなFWが前線からの
プレスやプレッシャーで守備につながる動きをし、
DFラインをあまり下げすぎずボランチの位置で止める、みたいな。

とにかくまず、チームとしてあと残り10分を
どういう方向性でのりきるのか
という意思統一は非常に重要だったはず。

ところが指揮官が投入したのは小野。
しかもボランチとして。

これは不可解きわまりないんすけど(汗)

小野もボランチやってるけど、どっちかっていうと
攻撃に力のある選手。ピッチの選手は戸惑ったと思います。
どうせボランチに入れるんだったら
ボランチ専門守備専門の選手もいるわけで。
小野を入れるとしても俊輔との2トップ下ならまだわかるのですが…

この交代を
攻め
とみた選手
守り
とみた選手
がいたことで混乱が起きるわけです。

ジーコはあくまで小野に守備を重点にやってほしかったようですが
実際選手間にも意思の相違があり
結果中盤に穴ができてしまった。
持久力があるほうではない福西を
一人残して小野があがっちゃったら誰が止めるんだっつの。

ロスタイム、茂庭と大黒の交代は
正直もうわけがわからなすぎましたが、
とりあえず

大黒様っっっ

てな感じでしたね。
でも、冷静に考えなくても2バックはないだろ(笑)

70年前かいΣ(゜Д゜)

というか70年前には既にちょっと時代遅れっていう。

まぁそんなことはどうでもいいわけですが(汗)
普通ならサイド2人を下げて4バックなんじゃないんですかね…

そもそも坪井のハゲが

…すいません
いや、よく頑張ってくれてたと思いますよ。思うけど…(悔)

えぇ、そもそも、坪井に代えて中田浩をだすって手もありましたよね。
彼せっかく今の代表には数少ないユーティリティープレーヤーなんだし。

…要するにたらればいってたらきりないわけだ。

納得いかないですよやっぱり。
なーんか試合後のあの空しい感じが忘れられなくて。

こういうの無駄だって分かっててもやっぱりいいたくなるわけで。

あくまで私の勝手な言い分です。
寝込んでたせいでTVもろくにみてないため、
世間でこの敗戦がどう分析され認識されてるかも知りません。

とにかく、悔しくて空しくて情けなくてへろへろだったということです。
何に対して情けなかったのかもわからないし。

ただ、残り10分でオーストラリアにボロボロに崩された日本が
痛々しかったです、とても。

宮本の顔が全てを物語ってましたよね。

ただ、終わったわけじゃないんですよね。

私だってこれだけ文句いったって、やっぱり18日は
TVの前で、ユニ着て、力いっぱい応援します。

サポが奇跡を信じずに、誰が信じるんだって話。

4%でもいい。
0%じゃないんだから。
背水の陣の方が盛り上がるしね。

なんといってもジーコジャパン、奇跡の歴史を持ってますから。
得意技ですよね
。しょっぱな自爆して、
みんなが無理だって思うような状況をつくっておきながら
最後ははいあがって、奇跡奇跡神降臨って盛り上げるの。

多分オーストラリア戦は日本代表、捨て身の演出なんでしょう…

と思うことに決定。

まだ諦めませんよ。
ブラジルにだって勝つかも♪♪
とかいっちゃいますよ。
まだ始まったばかり。ドラマはこれから、のはず(*´∀`*)

そしてドラマのヒーローが玉田選手であることを切望。
だって玉サポですもの

そういえば大会2000ゴールまであと44ゴールかなんからしいけど、
これ、玉田選手が決めてくれたりしないかなぁ
と思ったら元気になった(笑)
0%ではないよね。
うん。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

こんばんわ~・v・
なんかココ、人増えましたね⌒♪+゜
私もジーコ監督の采配には「・・ん?」って思いました^^;
と、ゆーか選手達、同点にさせられてからの動きがすごく鈍かったですよね!
鈍いというか焦りというか・・・
「勝ちにいく」っていう選手、「あえて同点」という選手・・・
ここらへんの意思の疎通ができてなかったんじゃないかと・・・
私的にあの左サイドのブラジル人をなんとかしたほうが良いんじゃないかと笑;
まぁ、良いときは最高に良いんですけども^^;
そして茂庭と小野・・・彼らがどうこうと言うより何故彼らを選んだジーコって感じですよね。
・・まぁ!野球のWBCだってホントは優勝までいかなかったはずだったのにちゃっかり優勝しちゃったし!荒川さん金メダルだし!
・・・なんとかなるでしょう!!笑
それにしても玉田のトップ下・・・興味深々です+゜
でも、最初のW杯なわけだし・・・本職のFWの方で是非頑張ってもらいたいですね^^⌒♪
では、長文失礼しました!
【2006/06/16 00:43】 URL | ちあき #- [ 編集]


うれしい限りです♪これも、初期にコメントして下さった方々の勇気のおかげだと思っています。本当にありがとうございます(*´∀`*)

左サイドの「アレ」(お好きなイントネーションで)は既に記憶にないですね(笑)

同点にされた時点で全員動転しちゃってましたよね(-"-;)いや、ギャグじゃないです…
選手も勝てるって思ってたんでしょうね。みんなであせっちゃいましたね…精神的に成熟したチーム、修羅場をくぐりぬけてきたチーム、といわれてきただけに残念でした↓↓

WBCのちゃっかりにはぜひあやかりたいですよね!!荒川さんもちゃっかりニュースキャスターやってたり(笑)

玉田選手的にはしっくりきてないんでしょうが、ここは自己犠牲を惜しまず、どんなポジションでも頑張って欲しいです!!理想はやはりFWとして出場して点をとることですが…アシストにも期待したいですね。
【2006/06/16 00:54】 URL | Rey*@管理人 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://loveblue.blog33.fc2.com/tb.php/250-8ed22ce6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。