*玉田圭司選手&柏*Fight(BLUE×YELLOW)
サッカー大好き女子高生のサッカー観戦記などなど(^^*) 頑張れ!玉田選手!柏レイソル!日本代表! 基本的に毎週土曜or日曜更新
プロフィール

Rey*

Author:Rey*
サッカーきままに語ってます♪
玉田選手をこよなく愛し、
柏レイソルを地道に応援している、
女子高生のブログです☆

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GET SPORTS
放送しない地域があるというので、文字おこしに挑戦!

で断念…

途中までです。中途半端でごめんなさい↓
ちなみにもちろん完璧ではないです。言い回しとか、いろいろ違うところもあるかと思いますが、悪しからず。
雰囲気だけでもってことで。


***

ナ「あの日、ヤマトタケルがそこにいた」
(ブラジル戦映像)
ナ「二点差以上の勝利が求められたブラジル戦」
ナ「敗れはしたものの、男が世界にみせたあがき」

玉「W杯っていったらブラジル戦になっちゃう。点もとれたし、得点以外にもある程度のことが出来た。自信になったし、世界でも通用するんだなって思いました。」
(前々回の特集映像:玉「2005年が自分のなかで最悪の年だと思ってる。サッカーというのは自分にとって楽しいものだったんですけど、そこが欠けていたのかな。」)
Q「2006年はいい年になった?」
玉「全くなっていないですね(笑)なんていうんだろう…難しいですね。」
ナ「今年の玉田圭司になにがったのだろう」
玉「(代表での3年は)あっという間だったというのが正直な感想なんですけど…たくさん試合にだしてもらえたのはよかったです。」
玉「(代表発表前、W杯という夢について)夢は夢であるんですけど、それは今現実的なもので、出てみたいという気持ちしかないですね。」
玉「(自分のゴールの数々をみせられて)最近とってないなぁって感じです(笑)」
(GETSPORTS映像:玉「(ジーコについて)すごいぼくのことをみてくれているというのは感じるし、期待も感じるけど応えられてない。できればW杯という大きな舞台で恩返ししたいです。」)
玉「(代表発表後、不安について)不安っていうか…最後に名前聞くまでわからないじゃないですか(笑)名前呼ばれたときは嬉しかったです。まぁ全てはうまくいかないってことですね。」
玉「俺がいうのも難だけど、やっぱり芯を持つこと。自分というものをもつことはすごい大事だと思う。」
玉「(オーストラリア戦)W杯っていう雰囲気はまぁ多少感じましたけど、ピッチにいられなかったのであんまり感じなかったです。」
「(クロアチア戦)0-0の状況だったので自分がでてリズムを変えようと思いました。
もう必死でした。
緊張は、まぁ多少はあったんですけど…もうちょっとやれたらなって思いました。」
テロップ「指揮官の決断」
玉「当日のホテルで…昼くらいですかね。
分かってなかったですけど、なんとなく予感はしていました。」
ナ「スタメンに玉田圭司が名を連ねた」
玉「(指揮官からうけた指示)ブラジルにも《穴》があるからっていわれて…そこをついていけっていわれました。」
Q「穴とは」
玉「(ブラジル戦映像みながら)サイドバックがあがったらそこに穴がある。センターバックも結構攻撃参加するからそこにも穴があると思いました。」
玉「まぁこの時に限っては相手がブラジルだったし、開き直りっていうか、ミスして当たり前って感じでやりました。それがよかったと思う。」

三都主VTR「タマがボールをだすまえにもう動き始めていて、僕は出すタイミングはあそこしかなかったと思います。」
玉「まぁアレとは代表入ってから長くやっているので、いつくるかっていうのはわかってきてました。」
玉「あの角度は多いですね。左のほうがうけやすいのかも。」
三都主VTR「他の選手なら右に流れたかもしれないけど…同じ左利きなのでわかります。」

玉「(ゴールについて)まぁ完璧にあそこを狙ったってわけじゃないですけど、パンチしないってイメージがジーダにあって…どんなすごいシュートも抱えちゃう。なんとなく上狙えばなぁって考えていました。」

テロップ「After days DORTMUND」
ナ「玉田は意外な言葉を口にした。」
玉「(クラブハウスのまえで)あのゴールで逆に自分を見つめ直さなきゃいけないとおもいました。」

ここまでです。印象に残っているコメントをここからは。

玉「…悪くいうと天狗になっている。なっていないかもしれないけど、周りにそう思われていたらそれでダメだから。」

ナ「納得いかないことがあるという」
玉「想像できなかった順位にいて。(14位前後のとき)こんな順位でやるために移籍したわけじゃないので。」

玉「まずはチームのひとつとして勝利に貢献したい」
玉「(代表でも)一戦目二戦目で活躍できたならチームに貢献したっていえるけど、あの絶望的な状況で…」

Q「オシムジャパン」
玉「悔しいです。」
玉「(最近の代表戦は)全部みてるわけじゃないですけど、普通にサッカー観てる感じです。そのほうが楽っちゃ楽だけど。」
玉「(召集がないことについて)呼ばれなかったから、また目指すところがみつかってよかった部分もあると思います。」
玉「代表のためにってわけじゃないけど、まずクラブで結果をだせば上はあると思います。」

Q「今年はどんな年だったか」
玉「波瀾万丈って感じですね(笑)」
玉「そのほうが面白いでしょ、人生は。」

玉「誰とも違う選手になりたいですね。みんなにもそう思われたい。」
玉「…スタジアムはまだ空席がある。グランパスには玉田がいるからってみにきてほしい。」

玉「ブラジル戦が自分のなかで一番ってわけじゃないので。いいプレーだったとは思うけど…まだまだ自分はできると思う。」



***

多分、すごく苦しんだんじゃないかなぁ、と思いました。
ドイツの後は、思うようにいかない日々の連続でしたし。
それはサポーターにとってもですが。
でも、すごく穏やかにみえたのはなぜなんでしょう。


あのゴールが決まったとき、何かが変わる、そう思いました。
でも、結局何も変わらなかった。
いや、変わらないようにみえた。

変化は、玉田選手の内側にあったのかもしれません。

捻挫した足の状態も想像以上に悪かったようで。
結局ずいぶん長期離脱になりましたよね。
今季の出場試合数は昨季より2試合少ない26試合。
ちなみにゴール数は、昨季と同数の6ゴール。
ただし、今季のゴールのほとんどはセットプレー、それもPKでのものです。
それでも、勝利に貢献できればいい、という玉田選手。
なんとなく歯痒い思いです。

玉田選手らしいプレーがゴールに、勝利に繋がればいいのですが。

ただ一ついっておくと、私は玉田選手のプレーが好きです。
自由に楽しげにサッカーに没頭している瞬間の姿が好きです。
あのドリブル、あの抜け出し、全ての“玉田”のリズム。
そのリズムが好きです。

玉田選手がボールを持つとわくわくしませんか?
私はするんです。
玉田選手は、しかける、勝負する。

何か、おきるんじゃないか。

一対一から、フェイント、ドリブルに至までの一瞬。
DFと対峙した瞬間の間の緊張感。

次の瞬間にはDFはおいていかれていて、ファウルでしかとめられない状況。
さらにスピードにのらせたら、ファウルでだって止めてる暇はないドリブル。

こういうシーンをみる度に、やっぱり玉田だなぁって思うんです。

確かにドリブラーが好きです。でも、ドリブルが特徴ってだけなら他にもいる。
確かに玉田選手はかっこいいです。でも顔やアイドル性だけなら他にもいる。

なんで玉田選手だったのかっていったら、まさにその“間”であり、つまりは
“玉田のサッカー”
に惚れたってことなんでしょうか。

彼は、私に“サッカー”を与えてくれた人ですから。
この出会いは、確実に私の人生を変えたんです。

その彼が、まだ進化を続けるというなら、
ここにきて、さらに上を目指していくというなら、
私にも、やるべきことがあるはず、
そう思いました。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

すごーーい!!!嬉しいです!!!本当にありがとうございます!!!キャー!!と叫んじゃいました(笑)本当にありがとう!!としか言いようがなくってごめんなさい!!
【2006/12/18 14:20】 URL | ミント #- [ 編集]

めぐりめぐって
読んだ瞬間「見た気分」に少しなりました。
こんなとき、地方在住痛感しちゃいますよ~
でもやっぱりVが見たい・・・グスン
【2006/12/19 14:40】 URL | レフティン #2kbNzpR6 [ 編集]


〇ミントさん

喜んでいただけて光栄です(*´∇`)でも今読み直してみたら結構ぬけてる…(汗)
…雰囲気だけでもってことで許してください!


〇レフティンさん

玉田選手のコメントを主にしたので、話のつなげに必要だったもの以外ナレーションやテロップを省いてしまったんですが、伝わったようでよかったです(*´∇`)
なんで全国放送しないんですかね…(汗)
【2006/12/19 16:03】 URL | rey*@管理人 #- [ 編集]


その気持ちだけでも、すっごい嬉しいですよ!!!なんていい子なんだ!!と感激しましたもん!!
【2006/12/22 10:57】 URL | ミント #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://loveblue.blog33.fc2.com/tb.php/329-916594ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。